お気軽にお問い合わせください。

03-5761-9301

03-5761-9301

資料請求

留学先クラブと歴史

選手のレベルにあわせてバルセロナ、バレンシア等の地域に属するクラブをご紹介しております。

スペイン1部リーグ

c_spain_img01

アトレティコ・マドリード

スタジアム:ビセンテ・カルデロン   収容人員:54,851人

1903年に創設される。マドリードを本拠地とし、同じマドリード北部を本拠地とするレアル・マドリードとは激しいライバル関係にあり、この2チームの対戦はマドリード・ダービーとして盛り上がりを見せる。2009-2010、2011-2012にはUEFAヨーロッパリーグで優勝、そしてUEFAスーパーカップに2010年と2012年の2回優勝を飾っている。また国内リーグでも2013-2014シーズンにディエゴ・シメオネ監督の下で快進撃を続け、18年ぶりのリーグ優勝を果たした。レアル・マドリード、FCバルセロナにつぐ第3のクラブとして認知されており、熱狂的なサポーターを持つ名門クラブ。

c_spain_img02

バレンシアCF

スタジアム:エスタディオ・デ・メスタージャ   収容人員:52,600人

1919年に創設。バレンシアに本拠地を置く強豪クラブ。チームカラーは黒と白、愛称はロス・プロスなどがある。リーガ・エスパニョーラを6度、コパ・デル・レイを7度制している強豪チームだが、近年はレアル・マドリッドとバルセロナが2強を独占しているため、タイトルからは離れてしまっている。下部組織にバレンシア・メスタージャがあり、現在はセグンダ・ディビシオンBに属している。2013-2014シーズンには指宿洋史が所属していた。

c_spain_img03

ビジャ・レアル

スタジアム:エド・マドリガル   収容人員:24,890人

1923年に創設。バレンシア州に本拠地を置き、バレンシアCFとはライバル関係にあり、この両チームのダービーマッチ盛り上がりを見せる。元々は下部リーグ所属していたが、1998年にリーガ・エスパニョーラ初昇格を果たす。2004-05シーズンの3位進出を皮切りにUEFAチャンピオンズリーグなどでも結果を残すようになり、強豪の仲間入りを果たした。2011-12シーズンには降格してしまうが、1年でリーガ・エスパニョーラに復帰する。2004~2007年までウルグアイ代表のディエゴ・フォルランが所属していた。

c_spain_img04

レバンテUD

スタジアム:シウダ・デ・バレンシア   収容人員:25,570人

1909年、ラ・マルバリョーサのレバンテ海岸から名を取り、レバンテFCとして設立された。同じバレンシア州に本拠地を構えるライバルクラブになるバレンシアレはまだ誕生していなかった。そして1919年に、同年に設立されたバレンシアCFと初対戦しするも0-1で敗れた。1928年にはバレンシア州選手権で初優勝し、クラブ初のタイトルを獲得した。

スペイン2部リーグ

c_spain_img05 トレセ・デ・フェブレロ

スペイン2部(B)リーグ

c_spain_img06 エルクレスCF

c_spain_img07 バレンシアCFメスタージャ 

c_spain_img08 ビジャレアル”C” 

スペイン4部リーグ

c_spain_img09 CDカステリョン

c_spain_img10 FCジョベ・エスパニョール 

スペイン5部~8部リーグ

c_spain_img11
c_spain_img12
c_spain_img13
c_spain_img14

※ご紹介できるクラブの一例